「土砂災害の防止のために」タイトル
キャラクター(災害活動員) 日頃から注意しておくことは? キャラクター(おじいさん)
   日頃から家族や地域ぐるみで避難場所・順路や連絡方法などを話し合っておくことが大切です。
日頃の備え
昔のことをふりかえってみましょう
   「災害は忘れたころにやってくる」とよく言われます。
自分の住むところで、昔どんな災害が起こったかを知っておくことも大切です。
身近な人達の体験などに耳を傾けて、過去の災害をふりかえってみましょう。
過去の災害をふりかえってみましょう。
飲料水、非常食、携帯ラジオ、懐中電灯、救急医薬品などの荷物はリュックサックにまとめて。
非常持ち出し袋を用意しておきましょう。
   飲料水、非常食、携帯ラジオ、懐中電灯、救急医薬品などの荷物はリュックサックに必要最小限にまとめておきましょう。
避難場所や避難の順路などを決めておきましょう
   家族やご近所の方と避難場所や順路、避難の方法などを話し合っておきましょう。避難する場所や順路に危険がないかも、日頃から調べておきましょう。
また、はぐれた場合に連絡方法なども決めておきましょう。
家族で避難場所や、順路、避難の方法などを話し合っておきましょう



home 府内の警戒箇所の数は? どんなところが要警戒なの? 近年の土砂災害は? 大雨が降ってきたら? どんな対策をしているの? 日頃の備えと早めの避難