土 砂 災 害 の 防 止 の た め に  タイトル
キャラクター(防災活動員) 大雨がふってきたら? キャラクター(少年)
   大雨が降り出したら、気象情報などさまざまな情報に気を配り、危険を感じたらできるだけ早めに避難しましょう。
早めの避難
気象情報などに気を配りましょう。
   土砂災害の多くは雨が原因で起こります。天気予報や台風情報に注意しましょう。また、近所の方々などとも連絡を取り合いましょう。
1時間に20ミリ以上、または降り始めから100ミリ以上の降雨量になったら、十分な注意が必要です。
1時間に20mm以上の降雨量に注意。
すぐに避難。
アレッ!と思ったらすぐ避難しましょう。
   大雨注意報や大雨警報などが出されている時は、自宅の周辺を再点検してください。
少しでも危険な前兆現象を見たり聞いたりしたらすぐに避難しましょう。
となり近所で協力しましょう。
   隣近所で声を掛け合って、集団で避難しましょう。お年寄りや体の不自由な人、子供を優先して避難しましょう。
集団で避難。



home 府内の警戒箇所の数は? どんなところが要警戒なの? 近年の土砂災害は? 日頃から注意しておくことは? どんな対策をしているの? 日頃の備えと早めの避難